Q&A

Q. 入学試験はどんなことが行われるのでしょうか?

親子(三者)面接と児童に対するグループテスト・集団観察などを行います。特に準備などをしていただく必要はありません。お子様が集団の中でどのように生活できるかを見せていただきます。普段通り楽しく、仲よく生活している姿そのままで結構です。

Q. 入学試験のためには、どんなことを心がけたらよいでしょうか。

試験では、お子様が集団の中でどのように生活できるかを見せていただきます。おうちの中で楽しく、仲よく生活している姿、そのままで結構です。

Q. 3月生まれなのですが、テストでは、月齢の考慮はあるのですか?

早生まれのお子様については、きちんと考慮し選考しています。

Q. 家が埼玉ですが、遠いところから通わせるのは無理ですか?また、入試の時に家が遠い理由で不合格になることはありますか?

遠い所から通学しているお子様も何人かいます。お子様の体力や、気力で通学可能であるならば大丈夫です。家が遠いからという理由で不合格になることはありません。

Q. 両親が共働きなのですが、そのことで困ることはありませんか?

ぜひ本校にご入学ください。日本の小学校でも随一の充実度を誇るアフタースクールがお子様とご両親をお支えします。現在でも共働きの方が多数おられますが、ご家庭に特別な負担をかけることはありません。

Q. 私立学校は入学金や授業料等でお金が大変だと聞きました。新渡戸文化小学校はどうでしょうか?

昨今の経済状況を考慮し、保護者の方の経済的負担を軽くするために、本校では入学金や授業料等をできるだけ低くおさえる努力を続けております。

Q. 付属子ども園からの内部進学は何人ぐらいですか。

年によって違いますが、ここ数年は、10人〜20が進学されています。

Q. 男女別の定員は決まっているのですか?

特に決まっていません。

Q. 男女の割合はどのくらいですか?そのことで、何か問題はありませんか?

ここ数年は、男子の出願も増え、男子入学者の比率も高まっています。


Q. キャンプは安全上の心配はありませんか?

大自然の中で助け合いながら困難を乗り越え、有意義に過ごすキャンプは本校の特長の一つです。安全には最大限の配慮をしています。ご安心ください。

Q. 授業の様子や学校の雰囲気を私たちも知りたいのですが

全校授業参観日はもちろん、親子で楽しむ運動会、音読発表会、新渡戸祭など保護者に参加していただく行事がたくさんあります。本校独自の考える力を養う授業や心を育てる教育をぜひご覧になってください。

Q. アフタースクールは誰でも使えますか?

アフタースクールは保護者の就労にかかわらずどなたでもご利用できます。週1回から週5回まで生活に合わせた様々なご利用の仕方が可能です。

Q. アフタースクールに定員はありますか?

定員はございません。学校の施設をフル活用し、安心安全に過ごせる場をご提供しております。

Q. 中学進学についてはどう考えればいいですか?

卒業後は内部推薦入学制度によって「新渡戸文化中学校」に進学できます。ですから、思い切って中学受験に挑戦することも可能です。自分の将来や適性を考えながら、進学・受験を考えることができます。教員は最大限進学の御相談に対応いたします。