• TOP
  • ニュース一覧
  • [心の教育]6年生の優しさが下級生の心に引き継がれていく時…6年生を送る会

ニュース

[心の教育]6年生の優しさが下級生の心に引き継がれていく時…6年生を送る会

2015年3月16日
6年生を送る会が本日4時間目に小体育室で行われました。
司会進行は学級委員会の子どもたちが務めてくれました。
各学年による6年生に贈る出し物は笑いもあれば寂しくなりますという在校生からの気持ちを伝えるものまでバラエティーに富んでいました。
3年生はオペレッタで自分たちが演じたフィナーレの「ビバ!」と歌う歌と踊りを披露してくれました。5年生は中高生と取り組んだハレルヤコーラスを6年生へ贈る歌として披露してくれました。
低学年の、6年生の優しかったエピソードを交えた群読では、6年生の班長の名前を言ってエピソードが話されるので、6年生からも思わず歓声が上がっているのが印象的でした。
新渡戸文化小学校の特色である縦割り生活班で慕われる6年生だからこそ、6年生の優しい姿が下の学年の子たちにの気持ちの中にしっかりと引き継がれていくのだと感じます。

在校生から6年生に贈り物が手渡され、最後に全校児童が手をつないで作った卒業のアーチを6年生がくぐりました。在校生は親しみを込めて6年生の大きな背中をポンポンとなでながらのアーチくぐり。6年生は満面の笑顔でくぐり抜けました。
いよいよ卒業の日が近づいてきます。

[心の教育]6年生の優しさが下級生の心に引き継がれていく時…6年生を送る会1

[心の教育]6年生の優しさが下級生の心に引き継がれていく時…6年生を送る会2

[心の教育]6年生の優しさが下級生の心に引き継がれていく時…6年生を送る会3