• TOP
  • ニュース一覧
  • [体験/心の教育] 音・リズム・言葉を通じて感性を育てる…音楽の会

ニュース

[体験/心の教育] 音・リズム・言葉を通じて感性を育てる…音楽の会

2015年11月27日
新渡戸文化小学校の秋の行事、『音楽の会』が今年も行われました。
子どもたちの歌声と楽器の演奏、そして3年生が演じるオペレッタなど、全校児童が力を合わせて創りあげた音楽の会。
今年は第一部の5、6年生の合奏・合唱に続き、第二部では「日本の良さを音楽で感じよう」というテーマでこども園年中さんも加わり1年生~6年生まで日本の音楽を奏で歌い踊るという趣向が凝らされた内容でした。子どもたちが音楽の会が終わった後も思わず口ずさんでしまう「ドンパン節」。旋律が耳に残る「ふるさと」は懐かしさを誘いました。日本の音楽の良さも再発見できた音楽の会となりました。
また3年生のオペレッタでは、子どもたちが練習を積み重ねてきた歌と演技を活き活きと披露し大きな感動を呼びました。背景の舞台装置には図工の授業で作った全校児童一人ひとりの作品が織り込まれ、オペレッタに彩りを添えました。

LIVE Nitobeのページにはオペレッタの場面ごとの写真も掲載しました。
>>LIVE Nitobe オペレッタ2015のページ

[体験/心の教育] 音・リズム・言葉を通じて感性を育てる…音楽の会1

[体験/心の教育] 音・リズム・言葉を通じて感性を育てる…音楽の会2