ニュース

[5年生 修養:心を磨く教育] 初めての家庭科の授業

5年1組の学級通信「飛翔」、4月26日(火)No.2より
5年生「初めての家庭科の授業」の記事を紹介いたします。

 初めての家庭科の授業では、玉止め・玉結びの練習をしました。
 どの子もまず針に糸を通すのにひと苦労。本当に真剣な表情で、針に糸を通していました。
 とっても真剣ないい表情でしたので、思わずカメラでパシャリ。
 どの子もきっとお裁縫が上手になることでしょう。

穴の開いた服に布を当て、針と糸で縫う・繕うという作業を日常的に行うことは少なくなってきた昨今。
ひと針ひと針縫って身の回りの物ができあがる喜びと手間への感謝を、子どもたちには指先で感じてほしいです。

[5年生 修養:心を磨く教育] 初めての家庭科の授業1

[5年生 修養:心を磨く教育] 初めての家庭科の授業2

[5年生 修養:心を磨く教育] 初めての家庭科の授業3