• TOP
  • ニュース一覧
  • [体験] 学年を越えた強い絆の源…新渡戸文化小学校の縦割り「歩く会」

ニュース

[体験] 学年を越えた強い絆の源…新渡戸文化小学校の縦割り「歩く会」

新渡戸文化小学校の伝統行事となっている"縦割り生活班”で行く「歩く会」が今年も行われました。
1つの班に複数の学年を混ぜて構成した異年齢集団『縦割り生活班』は新渡戸文化小学校の特長ある取り組みの1つです。

3~6年生は高尾山を舞台に、縦割り生活班による班行動でポイントを通過し、長距離を歩きます。
3年生は高尾山登山の歩く会は初挑戦です。縦割り生活班のメンバーでお互いに声をかけあったり、疲れた子の荷物を持ってあげたりしっかりサポートし合いながら、頼もしい6年生の班長副班長の引っぱりもあり元気に登ることができました。
秋の景色や自然を楽しみながら、異なる学年のメンバーがいるからこそ助け合える新渡戸文化小学校の『縦割り生活班』の活動が存分に活かされた歩く会となりました。

1・2年生は3年生から挑戦する高尾山登山に向けたトレーニングも兼ねての歩く会です。
1年生と2年生で2人1組のペアを作り仲良く手をつないで歩きます。1年生にとっては手を引いてくれた2年生がとても頼もしく感じられた様子です。1~6年生までの異なる学年の子どもたちで構成された新渡戸文化小学校の『縦割り生活班』の活動の練習として、1・2年生2人1組のペアでの活動は強い絆を生み出します。

[体験] 学年を越えた強い絆の源…新渡戸文化小学校の縦割り「歩く会」1