• TOP
  • ニュース一覧
  • [学ぶ力] 石鹸から脂肪酸を分離してできる「ろうそく作り」…5・6年生理科

ニュース

[学ぶ力] 石鹸から脂肪酸を分離してできる「ろうそく作り」…5・6年生理科

5・6年生の理科で作ったろうそくが5・6年生教室がある校舎に飾られ、クリスマス飾りのように校舎を彩っています。
子どもたちが石鹸から脂肪分を分離し、クレヨンを削って色を付け、一層一層色や模様の幅を変えて作り上げた力作です。
石けんは、脂肪酸と水酸化ナトリウムが化合してできたもので、これに酸性の水溶液を加えると、分解して、水に溶けない脂肪酸が遊離してくるそうです。この脂肪酸は、その脂肪酸を型に入れてろうそくを作ると、ろうそくと同じように火を灯すことができるのです。
学ぶ力がクリスマスを美しく飾っています。

[学ぶ力] 石鹸から脂肪酸を分離してできる「ろうそく作り」…5・6年生理科1

[学ぶ力] 石鹸から脂肪酸を分離してできる「ろうそく作り」…5・6年生理科2