学びの特長

自ら学べる子に育てる

学力と聞くと、多くの人が「テストで高得点を取る力」や「入試に成功するスキル」といったことを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、本校では「学べる力、学んだことを活かす力、学び合う力」こそ真の学力だと考えます。知識は、自らの経験や体験と結びついたとき、初めて本当の力になります。

心を育み、本物と触れるさまざまな体験によって人間性を高めること、それが本当の学力、つまり自ら学ぶ力へとつながります。

1・2年生 のびのび しっかり 出会いと発見 学ぶ楽しさを分かち合う 3・4年生 こつこつつみあげ 体験を通して視野を広げる時期 5・6年生 がっちり定着 学んだ知識や経験を活用し深める時期