縦割り活動

2017年4月8日 [新1年生の"親代わり"] 新入生と共に在校する子どもたち自らが育てる慈しみの心…2017年度 第70回入学式

2017年4月8日(土)
新渡戸文化小中学校の2017年度入学式が行われ、“新渡戸文化家族”に新しい子どもたちが加わりました。
在校生の5・6年生の係の子が新1年生の手を取って並んで入場しました。
式典では、朝倉寿夫校長から新1年生の子どもたちに励ましの言葉が贈られました。
それに続く豊川理事長先生の祝福の言葉や来賓の方々から頂戴する「おめでとうございます」という祝辞に、1年生の子どもたちが声を合わせて「ありがとうございます!」とかわいい声でお返事をする様子が、とても微笑ましく新鮮で心温まる入学式となりました。
                      *
入学式前、新入学の1年生の準備を5・6年生の児童がお手伝いをする形も年を重ねて定着してきました。
6年生(と一部の5年生)は新1年生の教室で胸元に花をつけてあげたり保護者の方に記名をしてもらう説明をしたりと、新1年生の“親代わり”となって動いてくれます。
新1年生のお世話係の他にも会場係や誘導係を子どもたちで行い頑張ります。新1年生の保護者の方が6年生の女の子に「丁寧な案内で大人みたいね〜!」と声をかけて頂き、女の子がはにかむ様子が印象的でした。
                      *
5・6年生は内心はとても緊張していながらも、新1年生に対して宝物のように大切に接しようと努めてくれます。
5・6年生たちは、1年生の背中を本当にそっと押してあげたり、小さな手をとても優しく繋いであげています。離れ際に声を掛け笑顔で手を振ってあげて1年生に少しでも安心してもらいたいと言う気持ちが行動の端々に見てとれます。
5・6年生の子どもたち自らの中から自然と込み上げ出た慈しみの溢れる接し方を目にすると、我々大人たちは本当に胸を打たれます。新渡戸文化学園はお兄さんお姉さんになると、このような<内側から自然と出てくる温か味ある心>を身に付けられる学校なのです。そんな学園に新入生の皆さんを迎えられるということは本当に我々教職員にとってもこれ以上ない幸せです。新入生が優しくて笑顔溢れる頼もしい高学年に育ってくれることを心から願います。
ご入学本当におめでとうございます。

[新1年生の

[新1年生の

2017年10月28日 [縦割り活動/心の教育]子どもたち自らが作る、学年を越えた絆が深まる児童集会・・・新渡戸祭1日目

2017年10月28日 新渡戸祭 1日目の様子
1日目は大体育室で学級委員会の児童が中心となって進行された、「児童集会」が行われました。
学級委員の子どもたちがかぶる花の帽子が華やかです。
学級委員の子どもたちが企画し、準備を進めた「先生○×クイズ大会」や「白クマのジェンカ」を行い、6年生の班長副班長を中心に、「縦割り生活班」各班が一体となって挑戦し、大いに盛り上がりました。
子どもたちは、学年の枠を越えて力を合わせることができ、児童集会が有意義なものとなりました。

[縦割り活動/心の教育]子どもたち自らが作る、学年を越えた絆が深まる児童集会・・・新渡戸祭1日目1

[縦割り活動/心の教育]子どもたち自らが作る、学年を越えた絆が深まる児童集会・・・新渡戸祭1日目2

2016年3月10日 [体験/心の教育] 6年生今までありがとう!・・・5、6年生 送別球技大会

スポーツを通じて6年生と最後の時間を過ごそうと毎年続いている新渡戸文化小伝統の‘送別試合’が本日行われました。
青々とした天然芝のグラウンドで6年生対5年生のサッカーの試合が、小体育室では6年生対5年生のバスケットボール、そして6年生対教員チームという形でドッヂボールの試合が行われました。
卒業生も試合を見に来てくれたので、6年生対教員チームのドッヂボールの試合に先生チームとして出場してもらいました。
最後に6年生代表がしっかりとした口調で5年生に向けた贈る言葉を伝えていて印象的でした。
卒業まで残りわずかの大切な時間を6年生とスポーツを通じて良い形で過ごすことができました。

[体験/心の教育] 6年生今までありがとう!・・・5、6年生 送別球技大会1

[体験/心の教育] 6年生今までありがとう!・・・5、6年生 送別球技大会2

[体験/心の教育] 6年生今までありがとう!・・・5、6年生 送別球技大会3

2015年4月17日 [学ぶ力 心の教育] 自分より弱い者を労わる心を育む…1・2年生“学校たんけん”の授業

2年2組学級通信『きぼう』より、子どもたちの学習の様子を伝える記事をお伝えします。

 生活科「学校たんけん」
 4月17日に生活の授業で「学校たんけん」を行い1年生に学校の中を案内しました。
 子どもたちは事前に下見を行い、場所の説明のしかたを考えました。
 下見の後は教室で、1年生に説明する内容の確認をしました。
 「職員室に入る時には必ず『失礼します。』と言ってからだね。」
 「グラウンドは、白靴では入れないね。」など、子どもたちは発表しながら
 書きそびれがないよう必死にメモをとっていました。
 少々緊張しつつも楽しみにしながらむかえた本番、昨年は手を引いてもらっていた
 みんなが今度は立派に手を引く側となっていました。
 1年生も、優しいお兄さんお姉さんと一緒に歩けて楽しそうでした。
 本当に、よく頑張ったと思います。みんなの成長を感じ、とても嬉しく思いました。

2年生になった子どもたちが、新1年生を頼もしく案内しお兄さんお姉さんらしく学校のルールなどを説明して見せる姿を大人の側から目にすると、2年生の子どもたちがついこの間まで小さな1年生だったことが嘘のように堂に入った説明ぶりを見せてくれることに感心させられます。

新渡戸文化小学校で毎年続けられている、新入生の1年生を2年生のお兄さんお姉さんが手をつないで案内する“学校たんけん”の授業。
自分より弱い者を労わる心を育み、自分たちが学んだ学校のルールを1年生に分かりやすく伝える伝え方も学ぶこの授業は、新渡戸文化小学校の特長である縦割り活動の授業の1つとなっています。

[学ぶ力 心の教育] 自分より弱い者を労わる心を育む…1・2年生“学校たんけん”の授業1

[学ぶ力 心の教育] 自分より弱い者を労わる心を育む…1・2年生“学校たんけん”の授業2

[学ぶ力 心の教育] 自分より弱い者を労わる心を育む…1・2年生“学校たんけん”の授業3

2014年5月23日                                             [縦割り活動] 全校遠足の温もり・触れ合い・分かち合い・・・新渡戸文化小学校の全校遠足

新渡戸文化小学校の全校遠足は、1~6年生までの全ての学年が混合された“縦割り生活班”で活動することに特長があります。
「追跡ハイク」では班長の6年生やお休みの6年生の代わりを務めた5年生は、班員がはぐれないように緊張しながらも、低学年に気を配ってくれました。高学年のお兄さんお姉さんが、1年生と優しく手をつないで歩いている姿がそこここで見られました。
お兄さんお姉さんの姿を見て、手をつないでもらった子たちはとっても頼もしく感じたはずです。

様々な年齢のお友だちと遊べた温もりや繋いだ手の感触が、秋の『歩く会』や来年からの全校遠足へと引き継がれていきます。
今年の妹・弟たちが、来年、そして未来のお兄さん・お姉さんとなって育っていってくれるでしょう。

                                            [縦割り活動] 全校遠足の温もり・触れ合い・分かち合い・・・新渡戸文化小学校の全校遠足1

                                            [縦割り活動] 全校遠足の温もり・触れ合い・分かち合い・・・新渡戸文化小学校の全校遠足2

                                            [縦割り活動] 全校遠足の温もり・触れ合い・分かち合い・・・新渡戸文化小学校の全校遠足3

2015年2月16日                                 [小中連携活動] 中高合唱発表会に5年生も参加しました

新渡戸文化体育館にて、新渡戸文化中学高等学校 合唱発表会が行われました。
その発表会に、小学校5年生も参加し、6年生も鑑賞するため同席しました。
指揮、伴奏、審査基準の発表などの役に新渡戸文化小学校の卒業生の姿が見られます。
5・6年生も親しんだ先輩たちの姿。緊張しながら自分たちの発表順を待つ5年生は特に勇気をもらえたと思います。

新渡戸文化学園の縦割り活動は小学校と中学校の間にも及びより発展的に実施されています。

                                [小中連携活動] 中高合唱発表会に5年生も参加しました1

                                [小中連携活動] 中高合唱発表会に5年生も参加しました2