新渡戸祭

2017年11月2日 [新渡戸祭/心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート

2017年11月2日
先日行われました新渡戸祭 。その時の10号館3階 児童作品展の様子を振り返ります。
                    *
新渡戸祭期間中には、各学年父母会の模擬店や小体育室の学習発表と併せて、毎年10号館3階で図画工作の児童作品展も行われています。
どの学年も複数作品が飾られましたが、その中のいくつかを紹介します。
1年生の素敵なお弁当箱の工作は、お弁当を作る人物も絵に描いて切り抜いてお弁当箱に取り付け、あたかもコックさんやお母さんがお弁当を作っている様に飾りました。
2年生は和紙を染めて竹の骨組みに自分たちで貼りつけた、うちわ作りの作品が展示されました。枇杷の葉を水彩絵の具でスケッチした絵も枇杷の木となって登場。
3年生は赤と青と黄色の絵の具のみを使って、どれだけ多くの種類の「みどり色」を生み出せるかに挑戦。
その結果できた多種多様な緑色が 升目になって壁いっぱいに広がりました。
4年生はアフリカの動物を図鑑で調べ木版画で表現。
6年生は竹のうちわの骨組みを“木”に見立てて、マッチ棒の軸を使ってツリーハウスの模型を制作。この後行われる3年生のオペレッタの背景の舞台装置に組み込まれ、再度登場の予定です。
                    *
5年生は革工芸。革を使って想い想いの生き物を立体的に制作、それが動物いっぱいの大きな大木となって展示されました。小学生で革を扱うことは珍しく、また、たくさんの皮の生き物たちが大木となって勢ぞろいした全体の雰囲気が迫力があり、保護者のお母様方にも大変好評で「この木全部を持って帰りたいですね」とのお声掛けを頂く程。保護者の皆様も我が子の作品の写真だけでなく、大木全体の写真も合わせて撮影する姿が多く見られ、保護者の皆様の中にも新渡戸文化学園らしい“どの子も我が子”の雰囲気が見られました。
                    *
子どもたちのたくさんの創意工夫に加え、子どもたちの表現の数々が映える展示の工夫も隠し味となった児童作品展。ズコスタクイズラリーで来てくれた子どもたちにも、また、会場に足を運んで頂きました全ての皆様に心よりお礼申し上げます。

[新渡戸祭/心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート1

[新渡戸祭/心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート2

[新渡戸祭/心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート3

2017年10月29日 [心の教育/体験/新渡戸祭]…学習活動の集大成・学習成果の披露も充実

2017年10月29日
新渡戸祭期間中小体育室には、各学年の普段の子どもたちの学習の成果が展示されます。
理科・家庭科・情報など専科の学習展示や、低学年まるぬまキャンプ・高学年の4カ所のキャンプの展示までバリエーションに富んだ幅広い展示を見ることができます。
また、アフタースクールやフードサービスセンター(給食課)の展示も併せて見ることができます。

[心の教育/体験/新渡戸祭]…学習活動の集大成・学習成果の披露も充実1

2015年10月25日 [心の教育/体験] 新渡戸祭…父母会活動の集大成・学習成果の披露も盛りだくさん

新渡戸文化小学校の新渡戸祭の2日目は、保護者が主催する模擬店やスタンプラリーがあります。
子どもたちは「パスポート」と呼ばれるスタンプ帳を持って模擬店を回ります。
最後まで回ることができると素敵なプレゼントが用意されています。

子どもたちは新渡戸祭が近付くと、どの模擬店をどの順番で回るか相談を始め、新渡戸祭の最後には抱えきれないほどの“戦利品”を鞄いっぱいに入れたり、首から下げたり、手に持ったりして大満足です。

父母会活動のチームワークの良さが光る新渡戸文化小学校ならではの光景です。

また、科学部では実験ワークショップを子どもたち主体で催したり、音楽科からはアコーディオンなどの合奏や手話による合唱を披露するなど学習の成果の発表も盛りだくさんです。

[心の教育/体験] 新渡戸祭…父母会活動の集大成・学習成果の披露も盛りだくさん1

2015年10月24日 [心の教育/体験]子どもたち自らが作る、学年を越えた絆が深まる児童集会・・・新渡戸祭1日目

新渡戸祭 1日目の様子
1日目は大体育室で学級委員会の児童が中心となって進行された、「児童集会」が行われました。
全校合唱、体操部の発表、そして体育委員会による「縦割り生活班 長縄大会」と盛りだくさんの企画が行われ、子どもたちは学年を越えて力を合わせ集会を盛り上げてくれました。

また、新渡戸祭期間中小体育室には、各学年の普段の子どもたちの学習の成果が展示され ました。理科・家庭科・情報など専科の学習展示や、手芸部などクラブの展示から低学年まるぬまキャンプ・高学年の4カ所のキャンプの展示までバリエーションに富んだ幅広い展示を見ることができます。
また、毎年恒例となってきた科学部は子どもたちがマドラー作りの実験を企画し、希望する子どもたちが体験できるコーナーを理科室にて行いました。
音楽科は中高生の三味線演奏とのコラボレーションで5年生が中庭のステージに出演し、三味線の演奏に合わせて手話も披露し感動を呼びました。
会場に足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。

[心の教育/体験]子どもたち自らが作る、学年を越えた絆が深まる児童集会・・・新渡戸祭1日目1

2015年10月25日 [心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート・・・新渡戸祭2日目

新渡戸祭 10号館3階 児童作品展の様子
新渡戸祭期間中には10号館3階で図画工作の児童作品展も、小体育室の学習発表会と併せて行われています。
普段子どもたちが使っている児童机が重ねられ、6年生がマッチ棒の軸で作った橋がたくさん掛けられ1年生の動物園を繋いで、1つの大きな街になっています。
異なる学年を同じ街として展示することは初めての試みで、多くの保護者の皆様から「違う学年のお兄さん・妹のように作品を通じて見ることができて新鮮!」とのお声掛けを頂きました。
                    *
粘土で冬の教室のスキーの様子を作った4年生。作品は階段の特製「ゲレンデ」に飾られ、手摺りにはリフトも吊り下げられているので本当にスキー場を滑っているかのようです。
児童作品展の会場では図工スタジアム=「ズコスタ」と題して、子どもたちの作った作品そのものが問題となっているクイズラリーも開催されていて、子どもたちはズコスタの問題を手に作品展の会場を問題を解く手がかりを探して巡りました。
クイズラリーの景品は色とりどりのビー玉で、それを使って5年生1人が1台ずつが作った「ピタゴラスイッチの装置」でカタカタと自由に遊ぶことを景品としました(もちろん遊び終わった後はビー玉は持ち帰ることができます)。

創意工夫がいっぱいの図工の作品展会場にも足を運んで頂きまして本当にありがとうございました。

[心の教育/体験] 創意工夫がいっぱいの児童作品展(図工)リポート・・・新渡戸祭2日目1

2014年10月23日                                                        [心・感性] 写真で振り返る子どもたちの図工作品・・・新渡戸祭 児童作品展

写真は低学年の作品です。

                                                       [心・感性] 写真で振り返る子どもたちの図工作品・・・新渡戸祭 児童作品展1