音楽の会

2017年11月29日 新渡戸文化小中学校の恒例行事『音楽の会』・・・子どもたちの歌声と笑顔が輝きました

新渡戸文化小中学校の秋の行事、『音楽の会』が本年も行われました。
子どもたちの歌声と楽器の演奏、そして3年生が演じるオペレッタなど、全校児童生徒が力を合わせて創りあげた音楽の会。
今年も7,8,9年生の演目も加わり、どの学年でも音楽という枠を押し広げるような演出が凝らされており、聴いて観て楽しめる音楽の会となりました。
また3年生のオペレッタでは、子どもたちが練習を積み重ねてきた歌と演技を活き活きと披露し大きな感動を呼びました。背景の舞台装置には図工の授業で作った全校児童一人ひとりの作品が織り込まれ、オペレッタに彩りを添えました。
また、本年から始まった新渡戸クラブからはブラスバンド部が参加しました。ブラスバンドを初めて目にするようなプライマリーの中でも低学年の子どもたちにも、より専門性の高い楽器を目にし本物の音を聴くことができたことは、音楽の会に加わった新しい体験となりました。

新渡戸文化小中学校の恒例行事『音楽の会』・・・子どもたちの歌声と笑顔が輝きました1

新渡戸文化小中学校の恒例行事『音楽の会』・・・子どもたちの歌声と笑顔が輝きました2

新渡戸文化小中学校の恒例行事『音楽の会』・・・子どもたちの歌声と笑顔が輝きました3

2015年11月27日                                               オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [5]

第5場 いろいろな色の世界
世界の全てにいろいろな色があふれ出し、赤青黄色だけでなく、それぞれの色が混ざったオレンジや緑色も現れます。子どもたちの手首には色とりどりの花が付けられ色にあふれた世界を表現しています。
背景の舞台装置も赤青黄色の3つのエリア全てが現れ、全体は世界・宇宙を表すクジラの形になってフィナーレを迎えました。

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [5]1

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [5]2

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [5]3

2015年11月27日                                               オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [4]

第4場 赤の世界
世界の全てが赤色となり、せっかく優勝の赤組も順位が何位か誰も分からずみんなが1位を主張します。
背景の舞台装置もそれに合わせて赤く転換され、照明で赤の世界がより強調されています。

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [4]1

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [4]2

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [4]3

2015年11月27日                                               オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [3]

第3場 黄色の世界
世界の全てが黄色になり、始めは良かった黄色の世界はまぶしくてたまりません。
黄色の国の村人役の子どもたちが、まぶしさを防ぐためサングラスをかける姿が可愛らしい第3場。
背景の舞台装置も、黄色い部分が現れて黄色の照明と共に舞台を盛り上げます。
                      *
暗転の間に行う白黒の幕を出し入れする場面転換も、3年生の子どもたちが自分の役と兼任でこなしています。
暗転の場面では3年生が舞台装置として作ったペットボトルのランタンが星空のように光ります。

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [3]1

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [3]2

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [3]3

2015年11月27日                                               オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [2]

第2場 青の世界
世界の全てが青色で、始めは良かった青の世界もだんだん気持ちが沈んでいきます。
背景の舞台装置は1年生は赤青黄色の3つの国の魔法使いを作り、4年生は赤青黄色それぞれのモンスターを考えだして、それを3つのエリアごとに色に分けて取り付けました。青の場面では、2年生の白黒の墨絵の幕が取れて青い色のエリアが現れています。

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [2]1

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [2]2

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [2]3

2015年11月27日                                               オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [1]

11月27日(金)になかのZEROホールにて、「音楽の会」が行われました。
その中で3年生が演じたオペレッタの様子を舞台装置の説明も交えて特集します。

第1場 白黒の世界
世界の全てが白黒で、売っている花束も白と黒しかありません。
背景の舞台装置は2年生が取り組んだ水墨画のような「墨絵」がさげられ、白黒の世界を表しています。

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [1] 1

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [1] 2

                                              オペレッタ 『せかいが きれいに なったわけ』 [1] 3

2015年11月4日 音楽の会へ向けて

11月27日(金)になかのZEROホールにて、「音楽の会」が行われます。
5年生の情報の授業では、音楽の会へ向けて、ポスターを作成しました。

音楽の会へ向けて1

2014年11月29日                                                 オペレッタ『王様の命令』・・・舞台装置 “制作ノート”

新渡戸文化小学校の恒例行事『音楽の会』で演じられた3年生のオペレッタ。この劇の背景には毎年、全校児童1人1人の図工の作品が「舞台装置」として織り込まれています。3年生の歌声と演技、そして全校の子どもたちの作った作品が舞台上でスポットを浴びる感動的な演劇空間が音楽の会の見所のひとつとなっています。

このページでは舞台装置のそれぞれの学年の取り組みの舞台裏を“制作ノート”として紹介しています。

なお、舞台上では近づいて見られなかった1人1人が作った細かい部分については、銀座松屋で毎年行われる私立小学校図工展「ほら、できたよ」に出展され実際に間近にてご覧いただけます。

                                                オペレッタ『王様の命令』・・・舞台装置 “制作ノート”1

                                                オペレッタ『王様の命令』・・・舞台装置 “制作ノート”2

2013年11月27日                                                     オペレッタ『山の精のマータとサガル』 舞台装置紹介

オペレッタ『山の精のマータとサガル』(2013年) 舞台装置紹介

                                                    オペレッタ『山の精のマータとサガル』 舞台装置紹介1

                                                    オペレッタ『山の精のマータとサガル』 舞台装置紹介2

                                                    オペレッタ『山の精のマータとサガル』 舞台装置紹介3

2012年11月27日                                                     オペレッタ『おかしのすきな海ぞくのおかしなおかしな旅』 舞台装置紹介(低学年編)

先日新渡戸文化小学校の行事『音楽の会』で演じられた3年生のオペレッタ。この劇の背景には毎年、全校児童1人1人の図工の作品が「舞台装置」として織り込まれています。
3年生の歌声と演技、そして全校の子どもたちの作った作品が舞台上でスポットを浴びる感動的な演劇空間が新渡戸文化小学校の音楽の会の見所のひとつとなっています。
                     *
オペレッタの舞台上では近づいては見られなかった細部については、2013年1/30(水)~2/4(月)の私立小学校図工展「ほら、できたよ」で、間近で見られるよう展示しました。

1年生『虫むし人と海賊のちぎり絵』
指で塗る絵の具で厚紙に色を塗り、ちぎり絵で海ぞくをはりました。全体は海ぞくの島に住むカメレオンなど動物のシルエットになっています。また、島の葉っぱに住む「むしむし人」という不思議な生き物も、図鑑で虫を調べてから、想像をつけ加えて描きました。

 
2年生『緑のモノが住んでいる島と泥染めの帆』
砂絵の具を使い“緑色の物”を点描画で表し、海ぞくの島を作りました。海ぞく船の帆の泥染めにも挑戦しました。

 
3年生『円ばんタイムマシーン』
ロボットの島のロボットを作りました。ロボットの体には1人1人が作ったルーレット型のタイムマシーンがついています。銀色の円ばんを手でくるくると回すと、円ばんに開いた窓から、タイムスリップする先の景色を見ることができます。

                                                    オペレッタ『おかしのすきな海ぞくのおかしなおかしな旅』 舞台装置紹介(低学年編)1

                                                    オペレッタ『おかしのすきな海ぞくのおかしなおかしな旅』 舞台装置紹介(低学年編)2

                                                    オペレッタ『おかしのすきな海ぞくのおかしなおかしな旅』 舞台装置紹介(低学年編)3