新渡戸文化小中学校

close

ニュース

学校生活クラブ活動

新渡戸クラブ日記 剣道⑦

剣道では、初めに皆で素振りをし、その後面を着けて稽古をします。切り返し、面・小手・小手面、といったオーソドックスなものから引き技、応じ技、地稽古、掛かり稽古という通常道場で行うような稽古を90分間の中で行います。

ポイントは、小学生の初心者に対しても都大会上位レベルの中学生が実際に打たせて、または軽めに打ち込んでやり手本を見せ、アドバイスをしながら行うことです。このような稽古ができるのは新渡戸クラブならではだと思います。

指導者も画一的な方法論だけでなく、基本事項だけを伝えて、中学生は教えることで先生の指導を再確認しながらも自分の言葉で伝え、小学生も積極的に質問を投げかけます。

普段の部活動(アフタースクール)での厳しい雰囲気とはまた違う和やかな雰囲気です。

 

剣道 目黒雅也