新渡戸文化小中学校

close

ニュース

イベント学習

踏まれる四股で幸せのお裾分け…すもう大会 記念写真撮影式

気持ちを分かち合うことの大切さ

各階級ごとの勝者が並んで記念撮影です。みんなから賞賛の拍手を受けました。 勝者が付ける化粧回しは、全て本校教員の大場先生の手作りで、子どもたちも何種類もある化粧まわしが変わるごとに「金ぴかだ~!!」「柄がかわいい!!」と大歓声。日本の伝統文化のエッセンスを目で見て心で感じてくれていることが分かります。

横綱になった児童は“四股”を踏むことが新渡戸文化場所の伝統になっています。4つの色に分かれた部屋それぞれの方角に向け、2回ずつ(最後は4回も!)四股を踏んでくれました。周りの子どもたちは横綱と一緒に「よいしょー!」と大きく掛け声をかけ会場が一体感に包まれ、勝利の喜びを全員で分かち合いました。

日本の伝統文化を通じて、新渡戸文化小中学校の子どもたちが喜びを分かち合い、悔しい思いも共感できる豊かな心を育んでいきます。