新渡戸文化小中学校

close

ニュース

お知らせPICK UP

【NITOBE TEACHERS’ SCHOOL】

【NITOBE TEACHERS’ SCHOOL】

本校では、変化の激しい時代の中で教育活動を行っていくにあたって、教員自身が学び続けるための場として「NITOBE TEACHERS’ SCHOOL」を2018年度より実施しております。

これまで様々な分野でご活躍の外部の専門家や有識者をお迎えし、時代のキーワード・世の中の変化などについてを直接お話を伺ったり、ディスカッションを行なったりしてきました。

そして今年度はその一部を保護者の皆様にも公開させて頂くこととし、第一回目が先週の土曜日に行われました。

記念すべき今年度第一回目のゲストは、全国から大注目を浴びている千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長にお越し頂きました!

「目的と手段」「当事者意識」「対話」「目標の合意形成」「民主的な考え方」
といったキーワードをもとに、
日々の子どもとの関わりのお話から学校経営や脳科学のお話まで。

非常に刺激的で学びの多き貴重な時間となりました。

今回都合がつかずご参加頂けなかった方は、ぜひ書籍を読んでみてくださいね✨📚

工藤先生、ご多忙の中本当にありがとうございました!!

この経験を本校の教育活動にいかしてまいります🔥🔥

————

工藤勇一先生 プロフィール

千代田区立麹町中学校 校長。山形県公立中学校で数学教員としてスタート。その後、東京都公立学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会指導主事、新宿区教育委員会教育指導課長を経て、2014年4月より現職。 多くの企業や大学、外部の専門家と連携し、学校のソフト・ハード両面から「社会とシームレスな教育環境整備」を目指し学校改革を進めている。学校運営に全教職員はもちろんのこと、生徒・保護者が直接かかわりながら、形骸化した教育活動を目的と手段の視点から徹底的にスクラップし、再構築。定期考査や宿題の全廃、固定担任制の廃止なども実施。変化の激しい社会を子どもたち一人ひとりが自分らしく主体的に明るい希望を持って生きていけるように準備をするための中学校としての取り組みが今、全国から注目されている。