新渡戸文化小中学校

close

ニュース

お知らせ

保護者のみなさまへの緊急メッセージ

「保護者のみなさまへの緊急メッセージ」

子どもたちの幸せな未来のためにできること

コロナウイルス問題に関する政府からの要請もあり、生徒の安全を最優先するために、自宅学習措置を実施しております。本学園にとっても予想外の出来事でしたが、このような予想もつかないトラブルや災害は、今後の世界で増えていくかもしれません。事実、経済や社会の構造は加速度的に変化し、気候変動による影響は想像をはるかに超えています。

新渡戸文化学園で目指しているのは、自ら学び続ける自律型学習者の育成です。このような自宅学習期間でも、自分の学びたいことを見つけて、時間を有効に使っていける児童生徒を育てたいと考えておいます。今、自分にやりたいことがある児童生徒は、以下のアドバイスは読む必要はありません。一方、やりたいことを探している児童生徒の皆さんには、以下のようなアドバイスをご提案します。先週末にご案内した自宅学習課題に加えて、ご家庭でできる学びの可能性を広げるために、学園より以下の選択肢を提案させていただきます。

予測が難しいこの時代を、幸せに力強く生きる子供たちを育てるため、ご協力をお願いいたします。

 

①こんな時こそ、普段時間がなくてできなかったことに取り組もう

・ゆっくり本を読もう
未来の「好き」につながる1144の本 https://shingakunet.com/library/

・じっくり映画を楽しもう

・普段は聞かない色々なジャンルの音楽を聴いてみよう

・絵を描いてみよう

・ペーパークラフトを作ってみよう

・家の仕事をじっくり手伝おう

・手紙を書こう

ご夕食の時や、就寝前に、上記の取り組みについて、振り返るお声がけをお願いします。面白いと思ったことや疑問に思ったこと、感じたことなどを引き出し、言葉にさせてあげるのもよいかもしれません。

 

②「答えのない問い」に向き合う練習をしよう

今はまさに世界が「答えのない問い」に挑んでいる最中です。こんな問いを投げかけ、家族で話してみるのはどうでしょうか。

Q ここ数日のテレビや新聞でのコロナウイルスの報道の特徴は何か?

Q 政府はなぜ、休校要請を通達したのか?

あなたは、政府の関係者であったとします。この通達の前にたくさんの会議をしたことでしょう。その会議では、どのような意見があったででしょうか。たくさんあげてみましょう。

Q コロナウイルスの予防に向けて、あなたができること、家族でできることは何でしょうか?たくさんあげてみましょう。

Q 保護者が働いている時間に、自分を守るために、地域の方とどのような関わり合いを持つべきでしょうか?

Q 今、本当に助けを求めている人たちは、どのような人たちでしょうか?

Q あなたが校長先生なら、今回の休校措置に対して、どのような言葉で、児童生徒、保護者に説明をしますか?
参考)イタリアの校長先生のお話https://www.asahi.com/articles/ASN316KWHN31UHBI02W.html

 

③情報を分析し、最適解を見出す練習をしよう
 
1つの事実に対して、2つ以上の情報を調査し、比較して自分の考えをまとめる練習です。例えば以下のようなテーマについて、新聞やインターネットで情報を集めて、保護者のみなさんと共に話し合ってみるのはいかがでしょうか。

テーマ例:手洗いとうがいの効果とは?
     マスクを着用することの効果とは?
     コロナの感染ピークの時期とは?
     学校休校の賛成意見とは?(反対意見とは?)

 

④ピンチをチャンスに変える機会をご家族で一緒に。

ご紹介するTED Talkは、30日で未来を変えていくチャレンジの紹介です。約3分の動画です。ご家族で、ご覧いただき、ご家族みんなで何かに挑戦するのはいかがでしょうか。https://www.ted.com/talks/matt_cutts_try_something_new_for_30_days/transcript?language=ja

以上

新渡戸文化小中学校・高等学校 統括校長  林  徹