新渡戸文化小中学校

close

ニュース

PICK UP学校生活

[1ー6年生]大縄大会最終回が行われました

秋も深まる11月のこの期間。「大縄大会」とは、1-6年生が大縄跳び(8の字連続跳び)に取り組む新渡戸文化小学校で続けられて来ている伝統の取り組みです。

この期間中5回に渡り早朝大縄大会が催され、前半は縦割り生活班で1-6年生が混合の班で跳ぶことに挑戦します。後半は学年・クラスに分かれ記録更新に挑戦します。

縦割り生活班の班長である6年生のリーダーシップの育成と体力維持、目標に向かい協力しクラスの絆を深めることを目的としています。

毎週は各学年各クラスがより多く飛べるように野外で短縄・大縄で練習に取り組みます。休み時間を利用して寒さも感じられるようのなって来たガーデンやグラウンドに出て、練習に精を出してきました。本日はクラス対抗最終回。自分たちの記録を更新し「いえ~い!」と飛び跳ねたりハイタッチする姿が見られました。

 

とびきりの新渡戸文化スマイルです。

(写真2枚目3枚目は懐かしい過去の大縄大会の写真、タイムトリップです)