新渡戸文化小中学校

close

ニュース

PICK UP学習

5年生 PBLで『和菓子屋プロジェクト』  国語×算数×図工 ②

5年生はPBLの学び方を通じて『和菓子屋プロジェクト』に取り組んでいます。

国語×算数×図工の教科を複合的に横断する事で、

「家でやっている切り絵を和菓子のパッケージに使ってみたい!」

「和菓子屋さんの店舗のブランドカラーがレインボーなので、2年生の図工で取り組んだ《流し染め》で色々な色のマーブル模様を作り出して、それでお店を飾りたい!」

など自主的な反応が発現しています。

 

【第3

昨年5年生が図工の授業で体験したお寿司り。

https://www.el.nitobebunka.ac.jp/study/2018/11/3036/

子どもたちのもう一度やりたいという声に応え始まった今回の和菓子屋プロジェクト。

各班のお店作りがほぼ仕上がり、4人1組の各店舗で、4種類の和菓子をいよいよ構想する段階になりました。

算数の授業で学んだ多角形/立体図の作図の方法を、発想の切り口に位置付けています。

写真上の「《720》という数字、これは一体何?」と興味が湧き、和菓子デザインカードを読み込むと、何とお客さんの好みの3桁が自由に選べる!と書いてありました。ステンシルで砂糖を振るなどすれば数字は和菓子に飾る事は可能なのでこのはスゴイ!と思います。実用化すれば素敵な和菓子のプレゼントとなる筈です。