新渡戸文化小中学校

close

ニュース

お知らせ

縦割り活動が深まる「ランチデー」が行われました(1ー6年生)

1年生から6年生までを30のグループの縦割り生活班に分け、さまざまな活動にとり入れられている、新渡戸文化の「縦割り活動」。
例えば毎日の掃除では自分の教室だけでなく、順番に各クラスの教室や特別教室を異なる学年の子とともに行うなど、他校にはない独自の取り組みです。

加えて新渡戸文化の活動には「ランチデー」と呼ばれる1年生から6年生までが”縦割り生活班”でいっしょに給食を食べる日があります。本日晴天の中ランチデーが行われました。

異なる学年のお友だちとランチを天然芝のグラウンドで楽しく食べた後は、縦割り生活班で挑戦する「追跡ハイク」に取り組みました。

学園の校舎や中庭のガーデンに散らばる担任の先生たちのポイントを見つけ出し、出題される問題に答えてクリアしていくスタンプラリー型のハイキングが「追跡ハイク」です。

異年齢の子どもたちとのふれあいの中で、下級生に対するやさしさや思いやりなどを学んでいくと同時に、大人になり生きていくための社会性や協調性を育てます。