2021.06.05

3年生図工「木を切る」

3年生

3年生の図工の時間は紙から木へ!
今回使用する木材は、創業96年の老舗木材問屋”一條木材株式会社”から端材のご協力をいただきました。

木の”節”があると商品にはできず生産ラインから外れてしまったり
生産する過程でどうしても発生する端材があります。

木育も大切にされている一條木材株式会社さんにVIVISTOPでの活動を賛同いただき、
今回3年生の授業のために、たくさん木材を集めていただきました。

材料を紹介すると大盛り上がり!!

様々な木の形、模様、手触り・・・
「節がある方が好きだよ!!」
「この木、色がグラデーションになってるよ!」

木に触れるだけで、様々な発見をしています。

のこぎりを扱うには初めての3年生に、まずは安全に使用する方法を伝えました。
あとは実践あるのみ!

「さぁ、切ってみよう!!」

「木をきるためには、しっかり固定が大事だよね!!」
クランプを使って、固定!

さぁ、切るぞー!
ちょっと緊張する・・・!

木を切る音、感触、匂い・・・
体全部をつかって、木と向き合います。

失敗してもいい。いえ、たくさん失敗した方がいい。
切れば、切るほど上手くなる!!

最初は怖かったけど・・・もう大丈夫!

友達にアドバイスをもらったり、
手伝ってもらったり、互いに協力して授業を進んでいきます。

切った後は、やすりもかける。
これも楽しい!!

みて!

三角に切れたよ!

みてみて!

こんなに細いのも切れたよ!!


今回は豊富な材料のおかげで、
とにかくたくさん切ることができる環境を用意することができました。

”切る”という行為そのものが楽しい3年生。
何かを”つくる”前に、まずはとことんこの”楽しい!”を味わって欲しい。

「怖い〜」という子も少なくないスタートでしたが、
何度も何度も挑戦することで、全員が確実に上達し、自信になりました。

次回は釘打ちと穴あけにも挑戦する予定です。

木の授業はまだまだ続きます!!

 

 

 

年別アーカイブarchives